›January 16, 2006

アオウミガメ

カテゴリー: 050海洋生物 / 0 コメント: Post / View
Chelonia mydas mydas (Linnaeus, 1758) [アオウミガメ]
 八丈島の周りには沢山のウミガメがいます。その中で一番多く見られるのがこのアオウミガメ、次いでアカウミガメ、オサガメやタイマイなどの記録もあります。

 ダイビング中には昼寝をしているアオウミガメをよく見ます。一回のダイビングで10個体以上見ることもあるほどです。海岸で、ぼ~っと海を眺めている時に見たこともありますね。

 島で産卵するウミガメは、このアオウミガメではなくアカウミガメです。首の太さや頭部の前額板を比べると簡単に見分けが付きます。(甲羅の形もちゃんと見ると違いますよ)

 八丈ビジターセンターの中にある剥製はこのアオウミガメ、島しょ農林水産総合センター八丈事業所(元・水産試験場)には、他のウミガメの剥製もありますよ。